全記事 商品ラインナップ

MA-1 ブルゾン ( ジャケット )

更新日:

MA-1 ブルゾン ( ジャケット )

MA-1 ブルゾン ( ジャケット )

MA 1 ブルゾン OEM 生産

弊社では、MA1のオリジナル生産 OEMを承っております。

刺繍やプリントなど、オリジナルのデザインを施したMA1ジャケットの生産は弊社にお任せ下さい。

  • 完成品のボディーに刺繍をする場合、裏地に刺繍糸が出てしまう。
  • プリントは決まった位置にしか出来ない。
  • 裏地があるため、ブランドラベル、品質表示ラベルの縫製が困難。

などの国内2次加工では出来ない事も、弊社なら生産が可能です。

また、無地のMA-1の販売も致しております。お気軽にお問い合せ下さい。(年1回の生産ですので在庫が無くなり次第終了)

 

※生産にはミニマムがございます。

MA-1 ブルゾン ( ジャケット ) 由来

秋冬に欠かせない定番アイテムとなった MA-1

アメリカ軍がフライトジャケット(ボマージャケット)として着用していた物をモデルにしてつくられたファッションアイテムです。

本場のMA-1ジャケットは、ナイロン製の目の詰まった生地と縫製に特徴がありますが、

現在ではレディースのファッションアイテムとして、様々なカラー展開がされており、生地も様々な物が展開され人気の定番商品となりました。

ブランドでは独自のスペックを採用した、MA-1タイプのファッションアイテムを展開し注目を集めています。

 

MA-1 ブルゾン の歴史

1950年頃、プロペラ機からジェット機へと飛行機の普及とともにMA-1も普及。

元々は革製品を使った物だったフライトジャケットがナイロン製にへと変化したのもこの時期となります。

革製品のフライトジャケットには、水分の凍結や服の重量による機能性の問題などがあり

ナイロン製のMA-1は軽く、また中綿を入れることによって保温、機能性ともに優れたアイテムとなり採用されました。

 

また、セージグリーンのボディーカラーの内側はインディアン・オレンジというエマージェンシーカラーの橙色が採用されました。

元々は、脱出または墜落した場合、ジャケットを裏返して着用(リバーシブル)し、救出部隊に発見されやすくする為に採用されたカラーが定番色となりました。

 

MA-1 ブルゾン ( ジャケット )

ヨシダユウ製造 MA-1

弊社では、高密度のナイロン生地を使用した、本格派のMA-1ジャケット

レギュラーサイズ、BIGサイズともに取り扱っております。薄手のMA-1タイプではなく分厚いナイロン素材となります。

 

2018年度のMA-1はお陰様で全て完売致しました。

 

卸価格での販売も行なっております。

商品仕入れ、またOEM 生産のご依頼などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

MA-1 ブルゾン 名称について

MA-1 の名称には、MA-1 ブルゾン、MA-1 ジャケット、フライト ジャケット、ボンバー ジャケット (ボマー ジャケット) ミリタリージャケット などの呼び方がございます。

どれも間違いではございませんが、一般的にブルゾンは、すそを絞り背中にふくらみをもたせた腰丈の前開きのジャケットとされており、フランス語由来ですが英語でも使われる呼び名です。

ジャケットは、たけの短い洋風の上着の一種。前明きが一般的とされており、裾や袖口を絞らなくともジャケットの名称で呼ぶことが可能です。

ジャケット類のカテゴリー内に位置するのがのブルゾンとなります。

MA-1 ブルゾンが、日本では一般的な呼び名かと存じます。

 

フライト ジャケット につきましては、MA-1以外の商品も含まれ

フライト ジャケット はMA-1単体のみをさしません。

 

MA-1を含む、フライトジャケットの代表的な商品の名称は下記の通りとなります。

MA-1

1940年代頃に開発されたアメリカ空軍用のブルゾン。

素材にはナイロンを用いており、狭いコックピット内でも付属などが邪魔にならず、動きやすいようシンプルなデザインに仕上がっています。

中期には、リバーシブル仕様のモデルが多くなり、裏面はレスキューカラーであるオレンジを採用している。

 

G-1

1930年代頃にアメリカ海軍が使っていたジャケット。

1940年以前は主に革素材が使用されており、G-1は襟にボアが付いているのが特徴。

また、腕を動かしやすくするため、ショルダー部分にアクション プリーツがつけられています。B-3とも呼ばれています。

 

B-15

フライト ジャケットとして初めて布を採用して作られた「B-10」ジャケットの後期生産モデル。

素材はナイロンを用いている。

左袖に、ペンシルポケットとシガレットケースが付属している。

 

CWU-45/P

アメリカ軍で正式採用されているフライト ジャケット。

MA-1で採用しているナイロン素材は燃えやすいというデメリットがありますが、CWU-45/Pは耐熱性にも優れている「耐熱アラミド繊維」を採用しているのが特徴。

 

L-2

L-2は低空飛行用に開発されたフライト ジャケット。

襟と袖がリブ編みのMA-1と同じようなデザインですが、薄手の仕様が多く、肩に「エポレット」と呼ばれる装飾が付いており、裾部分にはボタンが付いた三角形のフラップが付いている。

 

ボンバー ジャケット (ボマー ジャケット)

ボンバー ジャケット (ボマー ジャケット)は、

1940年以前のフライト ジャケット(パイロット ジャケット)革製品に用いられる事が多い名称。

下記の商品名称に用いられる場合が多い。

  • A-2 フライト ジャケット
  • G-1 フライト ジャケット
  • B-6
  • B-10
  • B-2
  • B-3 フライト ジャケット

 

アパレル OEM オリジナル生産につきましては
お問い合わせよりご連絡下さい

-全記事, 商品ラインナップ

Copyright© 株式会社 ヨシダユウ , 2019 All Rights Reserved.